さつきばれ

2人の子供の子育てのことや、暮らしのこと・子連れ旅行のことなど色々

低置胎盤と診断されました

今日第二子の妊婦健診に行ったのですが、低置胎盤と診断されました。

耳慣れない言葉に「??」となったのですが、説明を聞くと

「出血する可能性が高いため早めに里帰りした方がいい」

「このまま直らなければ帝王切開になる可能性がある」とのこと。

思いもよらないことにびっくり・・・。

病院を出た後、色々と調べてみました。

低置胎盤って?

通常は子宮の上側にくっつく胎盤が下側(子宮口の近く)についてしまうこと。

原因は特定されておらず着床時に通常より下の方で起こることで発症するようです。

帝王切開や子宮の手術、喫煙などで子宮内膜が傷つくことが原因の一つともいわれているようですが、私はいずれも該当せず。

ただ第一子の出産のときに出血が1400ccとひどかったためそれが影響しているのか??

どちらにせよ予防することは難しいようです。

治る?どうすればいい?

基本的にどうしようもないみたいです。

ただ子宮が大きくなるにつれ胎盤が子宮口から離れていくこともあるようですが、

26週のいま、治る確率は五分五分のよう。

先生には「なんとなく治らなさそう・・」と言われてしまいました。

そして大量出血の可能性が通常より高くなるため、お腹のハリなど注意して出血があればすぐに病院へ、とのこと。

「早めに里帰り」は、万が一里帰りする前に出血した場合、入院して絶対安静する必要があるため帰れなくなってしまうから。

低置胎盤だから出血しやすいのか、特に出血しやすさに関係はないとの意見もあり情報が色々で少し混乱したのですが、要するに多分「無理をしなければ通常の生活を送り(旅行とかは控える)、万が一出血があれば即入院」って感じでしょうか。

↓この記事が参考になりました。

ishicome.medpeer.jp

「30週で判断されても34週に治っていることが多い」という意見に少し安心しました。

出産はどうなる?

ここが一番気がかりだったのですが、子宮口と胎盤の距離により、帝王切開になる可能性があるみたいです。

(大量出血の可能性があるのと、分娩時に胎児の進行の妨げになるため)

そして万が一の出血に備えて輸血用に自分の血液を採血しておくようです・・・。

もうなんだか色々恐怖。でも献血は何度か経験あるからそれと同じと思えばよいか。

胎盤から子宮口がどれだけ離れているかなどまだまだ分からないですが、

もし次の健診でも治っておらず、里帰り先の病院で「帝王切開が母子の身体にとって安全」と先生に勧められたら迷わず帝王切開を選ぶと思います。

 

とりあえず、順風満帆と思えた妊娠だったのですが、「出産は何が起こるか分からない」ということを身をもって実感しました。

まさか自分がハイリスク妊婦になる可能性があるなんて思いもよらなかったです。

でも絶対ならない保証なんてあるはずもないんですよね。

ひとまずはあまり気にしすぎず、無理もせず、次の健診を待とうと思います。