さつきばれ

2人の子供の子育てのことや、暮らしのこと・子連れ旅行のことなど色々

ジーナ式始めて約2週間のまとめ

約2週間前から「ジーナ式」を実践しています。

 ジーナ式とは、授乳・睡眠・遊びの時間をしっかりと分け、

赤ちゃんの生活リズムを整えてあげる育児法です。

カリスマ・ナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座

カリスマ・ナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座

 

 それまで寝かしつけに授乳やひたすら抱っこをしていたのですが、寝かしたと思っては起きを繰り返し、寝かしつけに3時間。結局寝るのは22時、という状態でした。

精神的にも体力的にもツライし上の子の相手がろくにできない現状をいかんと思い、始めました。

具体的なスケジュール

ジーナ式では1日のスケジュールがかなり細かく決められています。

(ジーナ式の例※2ヶ月頃の赤ちゃん)

7:00 起床

7:00~7:30 授乳

9:00~9:45 朝寝

10:45 授乳

12:00~14:00 昼寝

14:15 授乳

16:45~17:00 夕寝

17:45 お風呂

19:00 就寝

22:30 起こして授乳

ゴールは朝まで夜通し睡眠!

 

ただ、実際やってみるとこの通りのぴったりの時間にはなりません。

(うちの場合)

7:00 起床

7:00~7:30 授乳

8:30~9:10 朝寝①

9:20~9:40 朝寝②(上の子の保育園送りの時に抱っこで寝てしまう)

10:15 授乳(間が持たない)

11:15 授乳(間が持たない)

11:30~ 昼寝(昼寝時間は日によってまちまち。1時間寝たり、1時間半寝たり・・2時間はなかなか難しいです)

14:00 授乳

16:00~16:30 夕寝(上の子の保育園お迎えの時に抱っこで)

17:45 お風呂

19:30 就寝

22:30 起こして授乳

 

で、7時まで寝ることはまだなく、3時頃目を覚ましてしまうことが多いのですが、たまに6時まで寝てくれることもあります。

 

やってみて感じたメリット

・スケジュールが決まっているので気持ち的に楽

人によるかもしれませんが、私は1日のスケジュールが決まることですごく楽になりました。今何時ぐらいだからそろそろ眠くなるかな、授乳の時間だな、と分かっていることで育児の手探り感が減った気がします。

・寝かしつけが楽になった

生活リズムを整えると同時に抱っこや沿い乳での寝かしつけをやめたことで、一度寝付くと起きなくなったためとても楽になりました。夜上の子と遊ぶ時間ができたのと、夫が帰ってくるのが遅いのが怖くなくなったのもとても大きいです。

朝寝と昼寝は5分ぐらいですっと寝てくれるようになったのですが、なぜか夜の寝かしつけはまだ30~45分ぐらいかかってしまう・・これは今の課題です。

やってみて感じたデメリット

・スケジュールに囚われてすぎてしまう

昼寝の時間が大幅にずれたり、寝なかったりすると焦ってしまいます。せっかくリズムが出来てきたと思っても、外出でまだ生活リズムが崩れてしまったりすると無性にヘコんだり・・

「ゆるジーナ」がいいかも

ジーナ式ではかなりきっちりスケジュールが決まっているのですが、目が覚めてから2時間起きていられないことも多々あります。

「授乳の時間は決める」「17時以降は寝かせない」「それぞれ昼寝時間は大体の時間帯に入っていればOK」という決まり事を自分の中で決めて、時間がずれても気にしすぎないようにしています。

これからの目標

22時半の授乳以降は朝7時まで寝てもらうこと
2時間続けて昼寝できるようになること
泣かずにトントンで寝られるようになること

まだまだ先は長そうですが、気長に頑張ってみようと思います。